色別の解説

「白」

白は新しいことの始まりややり直す時の色。
全ての色の力をパワーアップしてくれる色でメインに使うのが便利です。また、乱れた気を改善してくれます。

「黄」

気持ちを明るくし、おおらかにしてくれます。
金運の色としてはあまりにも有名。黄色から得る力がポジティブな行動力として人やお金が集まるのではないでしょうか。大胆に使ってみては。

「橙」

暖かで心やさしい印象を与えます。
躍動感があるので元気になり、気分を晴れやかにして人間関係を向上させると言われています。

「紫」

品があり神秘的な色です。
この色は難しく、白と組み合わせるなどワンポイント・ワンアクセントとして使うのがいいでしょう。吉凶が極端で大量に使うのは要注意です。

「赤」

決断、勝負、太陽の色。
肉体的な影響力が強く血圧や代謝を上げてくれワンポイント・ワンアクセントで使うのが有効。

「青」

神経を鎮め、ストレスの緩和やリラックスできる色。
頭の中を整理したり、集中力を高めてくれます。また、色が濃い場合は黒に近い意味を持つため注意が必要です。

「黒」

格を上げる。周りを遠ざけ拒絶する色。
また、今の状態を維持したいなどいい意味とも悪い意味ともとれる色で注意が必要。風水ではマイナスな面が強いとされている。

「ピンク」

愛情、若返りの色。柔らかく初々しい印象を与えます。
周りの空気を柔らかくして心を穏やかにしてくれます。恋愛運や愛情運を上げると言われています。
また、ガン抑制効果が他の色より強いと言われています。

「緑」

癒し、安らぎの色。
健康的でリラクゼーションの効果も高いとされています。

「茶」

安らぎや落ち着いた雰囲気を作ってくれる色。
土や大地をイメージさせるので他の色と組み合わせると幸運を呼ぶと言われています。

「金」

成功の象徴。黄色と同じ金運の色。
大量に使うと印象が悪くなるので注意。

「銀」

気持ちを落ち着かせる色。
控え目ではあるが自己実現手助けし才能・能力を発揮させてくれる

戻る